T&Dゴルフアカデミーブログ

ゴルフレッスン No.13「大きく左に曲がるチーピンがでる」

lesson

大きく左に曲がるチーピンがでる

1. フェースの向きとグリップをチェック

①アドレスでフェースがスクエアになっているか。
アドレスでフェースが被っているとチーピンになりやすい。

②チーピンの一番の原因はフェースが閉じすぎている。
右手を下から握りすぎるとフェースが返りやすい。

2. 腰は止めずに回転させる

①ダウンスイングで腰の回転を止めずにフィニシュまで振り切る。

②ダウンスイングで腰の回転が止まると体重が右に残りインパクトで右手首が強烈に返ってしまう。

3. クラブを目標に真っ直ぐ出す

手先だけでクラブを振ってしまうと、ヘッドが目標の左に出てしまう。

②チーピンが出る人は、クラブヘッドを目標方向に真っ直ぐ出していくと手首の返りすぎが防げる。

Information

大阪でゴルフを学ぶなら、ティーアンドディーゴルフアカデミー 大阪でゴルフを学ぶなら、ティーアンドディーゴルフアカデミー
体験レッスン

PGAティーチングプロの資格を持ったインストラクターによる、あなたのレベルに合わせたゴルフレッスンを60分間受講することができます。詳しくは体験ゴルフレッスンをご覧ください。

初心者応援0円キャンペーン

初心者応援0円キャンペーン 打ちっぱなし練習場で3ヶ月練習するよりT&Dゴルフアカデミーでインドアレッスンのほうがお得になる!? 詳しくは月会費2ヶ月0円キャンペーンをご覧ください。

Related Posts

ゴルフレッスン No.08「フォロースルー」

正しいスイングの締め!フォロースルー インパクトでボールを放ってからからスイングのフィニッシュまでの流れの動きをフォロースルーと言いま...

ゴルフレッスン No.10「スイング軌道とボールの飛び方」

スイング軌道とボールの飛び方 ボールの球筋は9種類になります。 クラブフェースの向きとスイング軌道の組み合わせによって決まる。このメ...

ゴルフレッスン No.12「プッシュスライスが出る」

プッシュスライスが出る 1.ダウンスイングで伸び上がらない ①前傾角度をキープする事でスイング軌道がオンプレーンにな...

ゴルフレッスン No.15「ランニングアプローチ(7 ~ 9 番アイアン)」

アプローチ 1.ランニングアプローチ(7~9番アイアン) ①パッティングのように腕の三角形を保ち、左右対称にストロー...