T&Dゴルフアカデミーブログ

ゴルフレッスン No.07「インパクト」

lesson

スウィートスポットで捉える!インパクト

ダウンスイングからクラブのフェース面がボールに当たる瞬間をインパクトと言います。

①インパクトはあまり意識せずにヘッドの通過点にボールがあると考える。

②インパクトでは左に体重が乗っているので、アドレスの手の位置よりハンドファーストになる。

③インパクトでは右肘が少し曲がっているフォロースルーで右肘が伸びるとヘッドを効率よく加速することができる。

④ヘッドをぶつけて終わりではなくマットの端にフェースを当てて腰を回転させながら強く押しこむと正しいインパクトの形になる。

⑤インパクトでは腰は左に回転しているが、肩は目標線と平行になる。

⑥アイアンでは、クラブヘッドの最低点より手前でボールを捕らえる事で飛距離・方向性がアップします。

⑦ドライバーでは、ボール位置が左にあるのと、ティーアップをしていることから、クラブヘッドが上がり際でボールを捕らえる。

ゴルフにおけるボールの飛距離は、強いインパクトによって生み出されます。
しっかりとタメを作ったスウィングからインパクトの瞬間の正しいフォームでボールを捉えることで飛距離のアップと方向の安定性を得ることが出来ます。

Information

大阪でゴルフを学ぶなら、ティーアンドディーゴルフアカデミー 大阪でゴルフを学ぶなら、ティーアンドディーゴルフアカデミー
体験レッスン

PGAティーチングプロの資格を持ったインストラクターによる、あなたのレベルに合わせたゴルフレッスンを60分間受講することができます。詳しくは体験ゴルフレッスンをご覧ください。

初心者応援0円キャンペーン

初心者応援0円キャンペーン 打ちっぱなし練習場で3ヶ月練習するよりT&Dゴルフアカデミーでインドアレッスンのほうがお得になる!? 詳しくは月会費2ヶ月0円キャンペーンをご覧ください。

Related Posts

ゴルフレッスン No.06「ダウンスイング」

飛距離の要!ダウンスイング トップオブスイングからボールのインパクトまでの動作をダウンスイングといいます。 ...

ゴルフレッスン No.02「アドレス」

正しいアドレスが上達のカギ! アドレスはゴルフではかなり重要です。間違ったアドレスではいくら練習しても上達しません。 1...

ゴルフレッスン No.03「ワッグル」

力みのないスイングの準備動作ワッグル! 力みのないスムーズなスイングが非常に重要なポイントです。 その為の準備動作の事をワッグル...

ゴルフレッスン No.11「左から右へ大きくスライス」

左から右へ大きくスライス 1.ストロンググリップで握る ①ストロンググリップで握る。 ナックルが2,3個見...